バスケットボール部(女子) からのお知らせ

女バス紹介②
  2020.05.15

こんにちは!

昨日から始まった女バス紹介!
沢山の方に読んでいただけたようで、嬉しく思います!!(^^)!
ありがとうございます!
今日は第二弾!部員へのインタビュー形式で女バスを紹介していきます!
今日のゲストは高校から本格的にバスケットを始めた2人!(生徒A、生徒Bとしています)
それでは早速、いきたいと思います!
  •  Q1:立花の女バスに入ろうと思ったきっかけを教えてください!
A:ミニバスをやっていたこともありますが、体験に言った時に自分1人に対して2人で教えてくれたり具体的に教えてくれたりしたことです。
B:中学校で陸上かバスケで悩んでいて中学生では陸上部だったため、高校ではバスケ部に入りたいと思い、入試説明会の時に女バスの先輩が大きな声で挨拶をしていて、仮入部に行った時入ろうと決めました。
  • Q2:なるほど!女バスに入って良かったことは?
A:女バスの皆と仲良くなれたし、きつい練習を乗り越えてメンタルも強くなれたことです
B:バスケはチーム戦で仲間の信頼や助けが必要だと思います。日常の練習で声かけや気遣いをすることで仲間の信頼を築いたり頼られるなどしてくれました。
また、人の辛さを知る事でその人がなにを考えていたのか、なにを言いたかったのかを深く考えることができました。
  • Q3:おぉ~最初から素晴らしい回答!では、良いことばかりでは・・・ないですよね?ズバリ、部活をやっていて大変だったことは?
A:合宿のラントレやラリーです。(ラリーという練習)
B:日々の練習はもちろん、仲間が試合で上手くいっていない時、試合に出ていない自分がどうその人に声をかけてあげるのか、またどう傷つけずに励まして言えるかを考えた時です。
  • Q4:やはり、きつい練習や上手くいかないことが誰にでもあるんですね。では、その大変だったことをどのように乗り越えましたか?
A:自分は技術面であまり活躍できてなかったのでラントレで頑張らないと!と思って気合で乗り越えました!
B:伝え方を間違ってしまった時、少し伝え方が悪く相手が不機嫌になってしまった時はとても落ち込みました。しかし、自分が試合に出てうまくいかなかった時同じ状況で自分が言われて嬉しかったなと思う言葉を言ってあげたらいいのかなとおもいました。プラスのことを考えて背中を押してあげる。
自分がされたら嬉しいなということを考えて仲間をサポートしてました。
  • Q5:なるほど!2人に共通するのは精神的な成長!とても大事なことですね!では最後に、一年生に女バスのPRを含めて一言お願いします!
A: 1年生が1番期待してもらえてる時だから頑張って!
B:女バスは日々の練習を部員全員で声を出しながら質の高い練習をしています。
部活の中で辛いことも多くあると思いますが、仲間の支えや先輩のサポートで乗り越えられることができます。
メリハリがあり楽しい部活なので高校生活がとても充実すると思います。
  •  ありがとうございました!今回のインタビューはこれで終了です!
急なお願いにも関わらず、協力してくれました!(ありがとう(#^.^#))
今回は高校から本格的に始めた2人のインタビューを掲載しました!
バスケットを一から学び、コツコツ努力を重ね成長中の2人!
生徒たちが日々の活動の中で成長していることがインタビューから伝わります。
技術はもちろん、なによりも精神的に人として成長することを大切にしているのがこのチームです!
生徒は一生バスケットだけをするわけではありません!だからこそ、引退しバスケから離れた時や社会に出た時、一人一人が輝ける自分だけの強みを見つけることが大切になります!
様々な経験が自分を高め、成長させてくれる。
授業だけでは学べない、たくさんの学びと成長であふれている女バスで一度きりの高校生活を充実させよう!
↑昨年の体育祭の写真です(ユニフォーム姿は昨年の3年生)
明日は、キャプテンとマネージャーによるインタビューを紹介します!
お楽しみに!
それでは!

アーカイブ