バスケットボール部(女子) からのお知らせ

コロナ期間で感じたこと〜部員ver①〜
  2020.05.27

こんにちは!

 

少しづつ暖かくなり、夏が近づいているように感じます!

さて、先程6月1日から学校再開のお知らせが学校から配信されました。

いよいよ、授業が始まります!

まだ、完全な状態まではいかないものの、少しずつ日常が戻ってくると思うと、楽しみです。

 

 

 

さて新型コロナウイルスは関東大会、インターハイの中止など部活動にも大きな影響を与えました。

3年生は最後の大会を控え、突然の事態に複雑な心境でいると思います。

約3ヶ月間、多くの制限がかかる中でそれぞれが感じたことがあったと思います。

そこで、今日はこの期間で感じたことを部員たちに聞いてみました!

 

 

①コロナ期間で気づいたことは?

普段は当たり前のように毎日朝から体育館を使って練習していたので、体育館が使えることが、改めて当たり前じゃないことに気づきました。

日々の練習ができる環境に感謝です。

 

 

②約3ヶ月の自粛期間は、どのように過ごしてきた?

晴れの日は外を走ったり、雨の日は体幹トレーニングを行っています。

外にゴールがあるので、ドリブル練習やシューティングにも励んでいます。

 

 

③部活動が再開したときに向けての意気込みを!

今の期間、個人スキルを上げることはできますが、全員でバスケをすることができないので、感覚が疎かになってると思います。

少しずつ慣れていく為に声から出してモチベーションを上げていきたいです!

 

 

長い自粛で不自由な生活が続きましたが、失ったものだけではありません。

どんな状況でもプラスに変えて過ごすことが、必ず成長につながります!

 

 

この期間で感じた事を忘れずに、部活動の再開までもう一踏ん張り!

できる事を頑張っていきましょう!

 

 

 

 

それでは!

 

 

アーカイブ