学校法人 立花学園高等学校

保健室

学校感染症に罹患した場合について
  2017.09.01

こんにちは、保健室です。本日から2学期がスタートです。

昨日からいきなり涼しくなりました。体調管理には十分注意していきましょう。

学校感染症に罹患した場合の対応について

学校保健安全法施行規則第18条に則り、学校感染症(インフルエンザ等のことです)に罹患した場合は、出席停止の措置が取られます。

その際本校では、治癒証明書の提出を必ずお願いしております。

今後秋から冬にかけて感染症の罹患が増えるため、こちらで治癒証明書について事前にお知らせさせていただきます。罹患した場合は、以下を参考にしていただき、ご不明点等あれば、担任または保健室小西までご連絡ください。

 

医療機関にて学校感染症と診断された場合

  1. 療養期間(出席停止期間)を必ず医師に確認してください
  2. 学校に罹患した感染症の名前と療養期間(出席停止期間)を連絡してください

感染症の種類や個人の重症度により、療養期間(出席停止期間)は違います。また、重症度によって療養(出席停止)が必要な感染症もあります。療養(出席停止)が必要になるかどうかは学校では判断できません。必ず医師に確認を取ってください。

 

治癒証明書の取得について

  1. 医療機関にて治癒証明書を取得してください
  2. 病院の用紙あるいは本人の生徒手帳に記入する方法でお願い致します
  3. 医療機関で治癒証明書に記載していただく内容は「生徒氏名・感染症名・発症年月日~治癒年月日・診断日・医療機関名」です
  4. 療養期間(出席停止期間)が終了して、最初の登校日に必ず担任に提出てください

治癒証明書とは、医療機関にて医師に記入していただくものです。治癒日前後に発行してもらうことができます。

病院の用紙だと文書料がかかってしまう場合は、生徒手帳に記入していただく方法でも構いません。(但し、どちらの方法でも文書料がかかる医療機関もあります。学校では文書料の負担はできませんのでご了承ください。)

特に生徒手帳に記載していただく場合は、記載内容が必ず書かれているか確認をお願い致します。

治癒した最初の登校日に持参し、提出をしてください。

 

 

今年度もインフルエンザ等感染症の学校内流行を防ぐため、ご協力お願い致します。

 

保健室 小西

 

 

アーカイブ