軽音楽部 からのお知らせ

[2020年立花学園軽音楽部バンド紹介]  カルマ
  2020.02.03

[重要]LIVE Information

今年は、3/26(木)・27(金)の2days!

令和元年度立花学園軽音楽部の「春季ライブ」を行います!

3/26は、他校との合同ライブ、

3/27は、立花学園軽音楽部だけのステージになります。

場所は、サンダースネイクアツギです。

11:30 start *時間変更の可能性あり

出演校、出演バンド、タイムテーブルなどは随時お知らせしていきます。

チケット代は無料!(ドリンク代は別途600円かかります)

ぜひ、ご家族ご友人お誘いあわせの上、お越しください!

 

第一回バンド紹介 カルマ

―今回は、1年生男子バンド「カルマ」に話を聞いていきたいと思います。「カルマ」、まずは自己紹介よろしく!

(左から)

スミト):ボーカルのスミトです。

ボス):ドラムのボスです。

しゅん):ギターのしゅんです。

りょう):ベースのりょうです。

―「カルマ」結成して3か月ぐらいですが、いままでやってきてどうでしたか?

ボス):今まで部活の行事の合同ライブなど演奏の機会があるときは、なるべくたくさん出ることを目標にしてきました。バンドの特徴としては、メンバー間あまり気を遣わないのがいいと思います。

スミト):気を抜きすぎて、(ボスの)スティックなくしたりとかね。(笑)

―クラウド9※行った時だっけ?

*本厚木にあるリハーサルスタジオ、立花学園軽音楽部の御用達の場所

ボス):(本厚木の)駅のホームに置いてかれました。

―最近のバンド活動はどうですか?

スミト):今は春季ライブに向けて、演奏する曲の提案をしたり、その曲を練習しようかなーっと。

 

―春季ライブに対しての意気込みをどうぞ。

スミト):(春季ライブをおこなう)サンダースネイクで、夏に初めてライブをやったんですけど。ボスと一緒のバンドで。その時はパフォーマンス全然うまくいかなかったから、このバンドでちゃんとしたところ見せたい。

―夏よりもかっこいいところ見せたい?

スミト):はい。俺らのバンドは、他のバンドよりもライブ経験が多いので、それなりの経験を積んだところを見せたいです。

―ライブイン山北2019*も出たからね。

*毎年、山北町青少年委員会が企画する合同ライブ。昨年は、立花学園、足柄高校、大井高校、山北高校が参加。

―このバンドは、(1/15現時点で)オリジナル曲作った唯一の一年生バンドですが、オリジナル曲を作るにあたって、大変だったことありますか?

スミト):メロディつくるのが大変でした。歌詞はスラスラ出てきたんですけど。

―楽器陣は?

ボス):オリジナル曲をつくっていた時、あまりフレーズとか知らなくて、曲中のタム回しとか困りました。

―弦楽器は?

しゅん):半音下げチューニングの曲なので、チューニングが大変。(笑)

りょう):コード進行を追っていくのが大変だった。

 

―新一年生に向けて一言!

ボス):自分がこの部活の歓迎ライブを見たとき、ものすごく圧倒されて、こんな風に演奏できるのかなって不安だったんですけど、ビビってたんですけど。笑 そういうの気にせずに楽しくやっていける部活だから、気楽に入ってほしいな。

スミト):オリジナル曲作るのめちゃくちゃ大変だけど、はやく作っておけばいいなと思ってます。バンド内で曲を作っていくのって本当に大切だな、と思いました。

しゅん):エンドレス練習法*よかったよね。

*同じ曲を納得いくまでひたすら繰り返す練習法。「カルマ」は山北ライブ前のスタジオで、一時間近くオリジナル曲を繰り返し弾き、バンド内のグルーブを高めた。

ーあれ、一年生でやっているのこのバンドだけで、すごいな、と思ったよ。

しゅん):このバンドだからこそ気を遣わず出来たんじゃないかな。

ー同じ学年だからフランクに練習できるってこのバンドの強みだなあ。

りょう):んー…(しばらく考え込んで)…楽器の手入れはちゃんとしたほうがいい。弦高が低くなって、ビビりが多くなって、他の人に迷惑かけた。

―なるほど。それでは、春季ライブがんばってね。ありがとうございました。

アーカイブ