軽音楽部 からのお知らせ

[2020年立花学園軽音楽部バンド紹介] Ïvy Robin(アイビーロビン)
  2020.03.29

重要】LIVE Information

3/26、3/27に予定されていた春季ライブは、この度のコロナウイルスの感染影響拡大、および生徒の安全面を考慮し、残念ながら開催を延期することになりました。

振替公演に関しては、今のところ未定です。決まり次第、HP・部員等を通じてお知らせいたします。

よろしくお願いいたします

 

 第三回バンド紹介 Ïvy Robin

※このインタビューは、2月におこなったものです。途中の「カナガワバンドシップ」、「春季ライブ」は延期になった大会名です。ご了承ください。

【写真前からVo.アオ、Dr.ユユ、Gt.ユズ、Ba.ソウ、Gt.アキ】

 

ーさて、ÏvyRobin(アイビーロビン)は一年生バンドですが、9月にバンド組んで、これまでのライブ経験は、、

アオ):平塚湘風高校と、、

ソウ):大井高校の合同ライブに出ました。

ーそうだね、あとはカナガワバンドシップ一次予選通過しました!バンド組んで困ったことありますか?

アオ):なかなか曲が決まらなくて。

ユズ):決まっても、期限までになかなか曲の完成が難しい。

ーうんうん、今はどんな活動が中心ですか?

ソウ):今はオリジナル曲の作成をしてます。

ー今はどのくらい進んでますか?

アオ):一番はなんとか。あとは二番以降のメロディを頑張ってます。

ユズ):ギターコードは(先生に)つけてもらったけど、単音(リード)がまだちょっと。

―作曲してて大変だな、とか気づいたことありますか?

ユズ):メロディがありがちになっちゃう。今回の曲はバラードだっけ?

ーバラード!?

ソウ):一応四拍子なんですけど、二拍子っぽい。

ーなるほど。歌詞のテーマなどはあるんですか?

ソウ):おお、聞いてない、聞いてない。

―そういうの聞いて共有しておいたほうが、フレーズとか曲の雰囲気に合わせて作るうえでヒントになるかも。

アオ):うーーん。帰りの電車に乗ってて、それで(自分が)これから将来、バンドとか、どうなっていくのかなーって、ぼんやり考えてて。。

ーなるほどね、それを今、バラード調で作っているんですね。

 

ー春季ライブの意気込みを教えてください。

ユズ):ステージに立つまでが、緊張する。ステージに立っちゃえば、なんですけど。緊張で一歩下がりたくなる。

―でも、ユズは夏に比べるとだいぶ顔をあげて、演奏できるようになったね。

ユズ):ラプスラズリ(文化祭までの期間の一年生バンド)の演奏動画を見ていて、めちゃめちゃ下向いてて、まあそのときはリードがすごく忙しくて慣れてなかったのもあるんですが、演奏中周りのメンバー見たらみんな顔上げていて、自分は変な目立ち方してて改善したいなって思ってます。

ーすごくいいじゃん。がんばってください。では、ユユ。

ユユ):楽しみなんですよ。でも、怖いんですよ。私、前サンダースネイクで演奏したときハイハット閉めちゃってて、開かなくなっちゃって、やべーってめっちゃ焦って、頭真っ白になりました。

ーハプニングあるよね、観ている側はあまり気づかないけど。

ユユ):でも、なんとかなるべ、って思って頑張ります。

ートラウマを克服してください。では、アオ。アオはpapillon(前回記事参照)としても出演するね。

アオ):(ÏvyRobin以外で)もう一つ、立花ではカルマ(前々回記事参照)っていう一年生バンドがあるんですが、そのバンドとはまた違う意味でいいライブにしたいな、って思っています。

ーうん、そうだね。では、アキ。

アキ):…春季ライブの話でしたっけ

ーそうだよ!その流れだよ、話聞いてた?笑

ユズ):この中で一番キャラ濃いよね。

ユユ):地味にね。

ーあんまりしゃべらない印象だけど。

ユユ):しゃべりだしたら、止まらないですよ。

ーそうだんだ、いまいちキャラクターがつかめてないけど。

ユユ):LINEの誤字が多い。

アキ):お風呂で(LINEの文字)打っているんです。

ースマホ、お風呂落とさないようにね。で、意気込み。

アキ):一年の時・・・あ、今一年だ。

全員):笑

アキ):夏休み、ライブの時、ソロめちゃくちゃミスったから、今度は間違いないように頑張ります。

―ソロのパートあったっけ。

アキ):…わからないです。

全員):笑

―自分のパートでしょう。

ユズ):たぶん「星丘公園/Hump Back」のオクターブ奏法のことかと…。

ーなるほど。まあ、自分の目立つフレーズ間違えないように頑張って。では、次、ソウ。

ソウ):やっぱりもう一回あのステージに立てるっていうのは、うれしいですね。たぶん、オレらが立てるステージでも本当にいいところだから。前回出演したときはオラオラした感じのバンドで、でもトップバッターでがちがちだったんですけど、今回はバンドの雰囲気は違うので、ÏvyRobinらしい持ち味を出したいな、と思います。

ー土台を支えるベースのパートとして、いいコメント。

 

ーでは、最後に4月から入ってくる新一年生に向けて、なにか部活紹介を一言ずつよろしく!

ユズ):この部活は、文化部の中で活動が多い部活なので、軽い気持ちで入ろうというのはやめたほうが。。覚悟して入ったほうがいいかな。運動部みたいに大変なところはあるので。

ユユ):こんなめっちゃ活動日があるなんて、って感じでした。私が入る前に持ってたイメージはもっとフリーダムで、ウエーイみたいな。笑 月曜から金曜日まであるし、でも、だからこそパートテストとかで基礎を鍛えられるし、イベントも多い部活なので楽しいです!

アオ):音楽とか歌とか、音楽関係好きな人は軽音楽は合うと思います!

アキ):一年生ですか?…そうですね。…(しばし沈黙)面白い人がたくさんいる。

ソウ):この周辺の学校の軽音部の中だと、先輩方の実績もあって活動している方だと思うんですよね。けっこうがっつりやりたい人はいいと思います。イベントやライブも頻繁にあるので、楽しい機会が多いと思います!あと、特進コースとして、特進以外のコースの部員と比べると、バンド練習の時間が取れなかったり、正直きつい部分もあると思います。だけど、両立している人もたくさんいるし、ぜひ特進コースの人も入ってほしいな、と思います!!

ーみんな、インタビューありがとうございました! ÏvyRobinでした!

アーカイブ