軽音楽部 からのお知らせ

[2020年立花学園軽音楽部バンド紹介]stardust
  2020.03.30

重要】LIVE Information

3/26、3/27に予定されていた春季ライブは、この度のコロナウイルスの感染影響拡大、および生徒の安全面を考慮し、残念ながら開催を延期することになりました。

振替公演に関しては、今のところ未定です。決まり次第、HP・部員等を通じてお知らせいたします。

よろしくお願いいたします

第四回バンド紹介 stardust

【左からBa.ボブ、Gt.もりかず、Dr.まるちゃん、Vo.じゅな、Gt.かのん】

 

かのん・じゅな):(大声で)はろー、ぐっもーにん。

録音機材の近くで手を叩くかのん。

ーやめろ。音割れする。

かのん):(カチンコを鳴らす真似して)アクション!!ギャー

ー奇声をあげないでください。

じゅな):あははは

 

ー5分後ー

 

ーインタビュー始まるまで5分くらい経ちました。えと、このバンドは一体どんなバンドでしたっけ?

じゅな):個性的。

わかさん):変なバンド。

かのん):頭がおかしい。

じゅな):笑 それだけが取り柄。

かのん):辛い。笑

ーもりかずが、かのんを指差している、と。

全員):笑

かのん):ひどい。笑

ー結成していま、何か月?

かのん):3か月。

ーうそつき

ボブ):15年目。

ーONE OK ROCKかよ

じゅな):もうすぐ17歳。

ーうん、誕生日の話ね。

かのん):これ、録音どうするんですか。

ーこれは、あとで僕が聞き直して、全部テキストに打ち込む。

かのん):ああ、これやっているときの先生は徹夜で大変だろうなー。

実際、5時間くらいかかりました。

ーまず、これ編集が必要だな。他のバンドなんかはスムーズに20分くらいで終えているけど、このバンドそろそろインタビューはじめてから10分経過しそうだけど何一つ質問すすんでないから。で、結成してどれくらいだっけ?一年と・・・

じゅな):一年と三か月。

かのん):ということは何マンス?

じゅな):16マンス?

かのん):おお、うちらと(年齢が)一緒やー!

ーえと、15か月?

じゅな):え?

ーえ?じゃないよ!合ってるよ!

全員):大爆笑

ーはい、15か月。今現存する立花のバンドの中で一番長く活動していて、それなりに大変だったこともあると思いますが、今までどんな大会やライブイベントに参加してきたか、stardustの活動を教えてください。

じゅな):スニーカーエイジ、普門ライブ、カナガワバンドシップ、、たくさん!

※スニーカーエイジ・・・廣済堂が主催する中学高校の学校別軽音楽イベント。決勝は4000人収容できる日本工学院片柳アリーナのステージで演奏できる。立花軽音楽部は3大会連続、予選を勝ち抜き、関東グランプリ大会決勝に参加している。stardustのメンバーは全員、スニーカーエイジの代表メンバーだった。

※普門ライブ・・・柏木学園主催の合同ライブ。関東近郊からさまざまな高校が集まる大型合同ライブ。

まるちゃん):いえーい。

 

ー春季ライブに向けての意気込みを教えてください。

じゅな):がんばります。

まるさん):がんばります。

かのん):がんばります。

ボブ):がんばります。

もりかず):がんばります。

ーあっさりしてんな。春季ライブの会場はサンダースネイクですが、sttardustは他のバンドより、サンダースネイクでの演奏経験は多いですね。今回で何回目だっけ?

かのん):1!2!3!

じゅな):4回

ボブ):)5!

かのん):6~?

じゅな):真面目に答えているの、うちぐらい。笑

ー別の掛け持ちバンドで人によっては何回か出演したこともあるかもしれないけど、stardustとしては

じゅな):OTODAMA甲子園にまず出て、スニーカーエイジの決勝大会前の11月に、特別に声かけてもらって出ました。

―はい。

じゅな):春季ライブは、新曲初披露です。ストック4曲ぐらいある。オリジナル曲も作成中です。

―スタジオ練習見ない間に、すごいストック溜まっていたね。お客さんにはどんなところを見てほしいですか?

じゅな):えーと、、、

ボブ):もりかずのメガネ。

まるちゃん):もりかずの前髪。

かのん):もりかずの足の指!

もりかず):休みます。

―もりかず、休むらしい。はい、真面目に。

じゅな):去年よりもコピーする曲のレベルをあげていて、楽器陣も、ボーカルも。努力している部分を見てほしい。

 

―では、新年度入ってくる一年生に向けて一言ずつお願いします!

じゅな):他の学校に比べて、軽音楽部が本気で取り組んでいる。大会に出るまでの体制が整ってる。講師の方にも来ていただいたりして、知らなかったことも知れる。(わたしたちにとっては)けっこう当たり前だったけど、他の学校に聞くと、「え?なに講習って?」ってけっこううらやましがられる。

もりかず):機材がいいです。

ボブ):一緒にバカなことができる人が多い。スニーカーエイジの決勝の朝も俺たち、走ってたじゃん。

全員):爆笑

―スニーカーエイジの大会映像に残っていたら、恥ずかしい。

かのん):曲を演奏できると楽しい。(私は)遅れて入部したんですけど、先輩が優しかった。

まるちゃん):パート内で、仲良くなれる!

 

―最後に、stardustのメンバーはスニーカーエイジ関東大会決勝に出場という、優秀な成績を収めました。大会決勝では、片柳アリーナというとても大きなステージで演奏したわけですが、そのときの感想を最後に聞かせてください!

じゅな):ステージに立った人はみんな言うと思うんですけど、「やってよかったな」と思いました。

まるちゃん):練習はきつかったけど。

じゅな):うん、練習きついなりに得るものは大きかったかな。

もりかず):パフォーマンスが採点の大きな項目にあって、「表情」が難しかった。

―大会通して、もりかずは特に「表情」よくなったなあ。

ボブ):本番のとき、モニター蹴っちゃいました。笑 サンダーススネイクの店長さんにバンドクリニックしてもらったり、ライブ見てもらって、きついこと言われましたが、それを通ってきたからこそ、本番自信持って臨めました。

まるちゃん):演奏した後、泣いちゃいけないと思いながらも、泣いてしまいました。

―僕も、大会終わった後、応援しに来てくれた部員に向かって、君たちがあいさつしている時、うるっときたなあ。

かのん):今年は、本番はもちろん楽しめたんですが、練習もすごく楽しめました。私は、去年の決勝大会も、じゅなと出場したんですけど、去年の大会は、とにかく先輩についていかなきゃって気持ちが強かった。けど、今回の大会メンバーは、バンドメンバーだったから、気まずいとかなくて、演出のアイディアとかいろいろ言いあえました。今回演奏した片柳アリーナは、高校生が演奏できる場所として、すごく大きなステージで、軽音楽部として、運動部のインターハイとかと同じように目標持って、部活をすることができました!

ーありがとうございました!stardustでした!

アーカイブ